2020年1月

  • 2020.01.18

肝周囲炎

肝周囲炎とは肝臓を包む皮膜が何らかの病原体に感染して、発熱を伴う上腹部痛や右上腹痛などの症状を指します。Fitz-Hugh-Curtis症候群(FHCS)とも呼ばれます。主な原因としてはクラミジア感染症による骨盤内感染を経て感染するものです。女性の構造は膣から子宮、卵管を経て腹腔とつながっているため、クラミジア感染症による骨盤内腹腔炎を引き起こす可能性があり、それが影響を及ぼして肝周囲炎につながる […]