2019年10月

  • 2019.10.18

性器の炎症(灼熱感、痛み)

灼熱感や痛みを伴う性器の炎症を外陰炎といい、この症状が出る可能性がある病気としては性器カンジダ症、性器ヘルペス、尖圭コンジローマがあげられます。外陰炎以外の諸症状でどの病気かを判別することも出来ますので、それぞれの違いを知っておくとよいでしょう。 カンジタ・ヘルペス・コンジローマ 性器カンジタ症 性器カンジダ症は女性の場合、外陰炎の他にヨーグルト状のおりものが出る、性交時の痛み等があります。 性器 […]

  • 2019.10.13

性交時に痛みを感じるようになった原因は?

性交の際に性器に痛みを感じるようになったんだけど・・・ 性交の際に性器に痛みを感じるような場合には、その痛みが継続しているものかどうかという判断をまず下す必要があります。 毎回痛みを感じるようであれば性感染症を疑うことも重要で、性交時に痛みを感じる可能性がある性感染症としては性器クラミジア感染症、膣トリコモナス症、性器カンジダ症などがあげられます。 まずは痛みの他にどのような症状が見られるかを知る […]

血精液症の原因は色々!

精液の中に血液が混じっている状況のことを血精液症と言います。 原因の多くは前立腺炎だと言われていますが、それ以外にも尿道や精巣、精巣上体などに炎症を起こしている場合にも精液に血液が混じることがあるので、原因を詳しく調べたほうがいいと言えます。 血精液症の症状としては精液に血液が混ざっている状況を指しますが、出血量が多く新しい場合には精液の色が赤くなったりピンク色に変わったりしますし、出血から時間が […]

精巣上体炎(副睾丸炎)

精巣上体炎は副睾丸炎とも呼ばれ、陰嚢内にある左右の精巣上面もしくは背面についている精巣上体(副睾丸)が炎症を起こす症状のことを指します。 症状としては発熱を伴う精巣上体の肥大、圧迫痛、歩行時に痛むなどがあげられます。場合によっては尿に膿が混じることもあり、症状が強く現れるかどうかは精巣上体炎にかかった原因となる病気によって異なります。 患部を触ると強く痛み、陰嚢を持ち上げると痛みがやや治まりますが […]