最近ヨーグルト状のおりもが増えたんだけど病気?・・・

最近ヨーグルト状のおりもが増えたんだけど病気?・・・

ヨーグルト状のおりものの正体と原因

おりものの変化の中でもヨーグルト状のおりものが増加するような場合に疑われるのは、性器カンジダ症です。

このカンジダ症、性感染症と言われていますが、
実は自己感染の場合が非常に多い病気です。

原因となるのはもともと体内にあるカンジダ菌というカビの一種が疲労やストレス、風邪などによって免疫力が低下した場合に症状が出てくるものです。

症状が出ている時に性行為を行うとパートナーへも感染する病気なので、もし疑わしい症状が出ている場合には性行為を避けるようにした方が安全です。

体内にもともとある菌が原因

基本的に体内にもともとある菌が原因となるものなので、実際にヨーグルト状のおりものが出るであるとか、性器の炎症やかゆみを伴う症状が出ない限りはカンジダ症と判断されることはありません。

免疫力低下以外にも他の病気の治療として抗生物質やステロイド剤を多用している場合にも症状が出てくる可能性があります。

症状が出ないような予防方法

通気性の良い下着を身につけるであるとか、締め付けの強いガードルやジーンズの着用を避けることによってカンジダ菌が生息しにくくなります。免疫力の低下によって発症することが多いため健康的な生活を心がける事で発症の可能性は低くなります。

まれに再発を繰り返す場合もありますので、一度治ったからと言って安心してはいけません。
自己感染の多い病気ではありますが、性行為によっても感染しますので、再発を繰り返す場合にはパートナーにも検査を受けてもらうとよいでしょう。

男性もかかるもの?
男性がカンジダ菌を保菌していても症状が出ることはほとんどないため、男性保菌者が女性にのみ繰り返し影響を及ぼしている可能性がありますので、女性がカンジダ症を再発する時には男性の無症状の保菌者である可能性が高くなります。

お互いにとって重要なことですので、症状が出たときは確認しあうようにしておきたいところです。

病院での治療としては基本的には投薬治療の他、膣洗浄を数回行って性器のかゆみやおりものの異常が治まれば治ったと見なされます。女性の場合は外見で判断がつきにくい症状が多いので、おりものの異常に気を使っておくと早期発見につながりますから症状が悪化する前に治療を受けることが出来ます。

ヨーグルト状のおりものや外陰炎などの自覚症状がある場合には病院で治療を受ける事をお勧めしますが、なかなか時間が取れなかったり、誰にも知られたくない場合には、匿名で郵送検査できる性病検査キットでチェックして、もしも陽性であれば病院で治療を受けるようお薦めします。

性器カンジダ症カテゴリの最新記事