母子感染の可能性があるSTD

母子感染の可能性があるSTD

STDに感染していても自覚症状がない、表に出てこないままでいると、感染者は自分が感染していると気づかない間にも体内ではSTDの原因となるウイルスや細菌を保有し続ける事になり、もしSTDに感染したまま妊娠した場合には妊娠した子供にまで感染する恐れがある病気も含まれています。

母体が感染したウイルスがそのまま子供にも影響して感染することを母子感染と言い、感染してしまうと肺炎や失明などの原因にもつながる場合があるため非常に危険な状態に陥る可能性が出てきます。

母子感染の可能性があるSTDは、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、HIV感染症、エイズ、梅毒、性器カンジダ症、膣トリコモナス症、尖圭コンジローマ、B型・C型肝炎、サイトメガロウイルス感染症、成人T細胞白血病などがあります。

母体に症状が出ていなくても胎児にとっては非常に影響が強いものが多く、感染してしまった場合には胎児は生まれながらにして病気をいきなり抱え込むことにもつながりますし、最悪の場合STDの母子感染によって生まれてきても亡くなってしまう可能性もあり得るのです。

母体が感染しているからと言って100%母子感染するとは限りませんが、少しでも問題を少なくするために必ず妊婦検査を受けるようにしましょう。

子供をもうけるということはパートナーが特定されている状況、すなわち婚姻関係にある男女間である場合がほとんどだと思われますので、母子感染を予防するためにもお互いに性病に関わる検査を受けておいて損をするということはありません。

母体となる女性はもちろんのこと、性行為によって感染するのですから男性も感染していないことを調べておく必要がありますし、両者が安全と判断できれば感染経路は断たれますから母子感染を心配することなく安心して子供をもうけることが出来るようになります。

妊娠してからの妊婦検査でSTDが判明すると、母子感染予防などで非常に大変な思いをすることになりますし、なによりも精神的負担はかなりのものになることでしょう。

そのようなことにならないためにも、自分自身とパートナーの安全を確認する、ひいてはいずれ生むことになる子供の安全を確保するという意味で不要な心配事を抱えるよりも検査を上手に利用してSTD感染の有無を確認してみてはいかがでしょうか。

病院での検査に抵抗を感じるのであれば、郵送検診が出来る性病検査キットを活用するのも一つの手段ですから、どの段階でも構いませんのでチェックするタイミングをパートナーとともに設けてみましょう。

STDカテゴリの最新記事