不妊症になる可能性があるSTD

不妊症になる可能性があるSTD

STDの中には自覚症状がほとんどないものもあり、それは性別によって症状が出やすかったり出にくかったりと異なってきますが、両者に共通して自覚症状が現れにくいSTDの中には不妊症につながる恐れがあるものもあります。

不妊症に繋がりやすいSTDとしては、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、膣トリコモナス症などがあり、特に女性が自覚症状が現れにくい病気が多く、気付かないうちに症状が進行して妊娠しづらい、子宮外妊娠や流産などにつながる病気です。

自覚症状は少なくても確実に病気は進行していきますし、不妊症につながるSTDはどれも卵管や子宮口などに影響を及ぼすことがほとんどで、これが原因となって妊娠しづらかったり、妊娠しても子宮外妊娠や早産、流産に繋がってしまいます。

不妊症につながるSTDはどれも治療方法が確立していますから、早期発見によって病状の進行を抑え完治させることが出来ますので適切な治療を受けることが大事です。

しかし先に述べたとおり自覚症状がほとんど表れない、もしくは見過ごしがちなSTDであることが多く、症状が進行してしまうと治療しても妊娠しづらい状況が改善されないままになってしまうことがあるため早期発見が重要になってきます。

性器クラミジア感染症と淋菌感染症は性行為によってしか感染経路がないため、一度パートナー同士で検査を受けて問題が無ければそれ以降感染経路が無い場合は安全が確約されるものですが、膣トリコモナス症に関しては性行為による感染だけでなく、下着やタオル、トイレ、浴槽などからも感染する可能性があるため一度検査して陰性だったからと言ってその後も安全が確約できるものではないことに注意しましょう。

不妊につながるSTDは不妊治療などで発見されることも多く、見過ごされがちのまま長期にわたって感染したことに気づかないでいることがありますが、どのSTDも感染してからほとんど日をおかずに検査によって発見することが出来るものばかりです。

ちょっとした異常に気付くことが出来るかが早期発見の手がかりになりますから、日々自分の体をよく把握しておくことが大切ですし、例えば年に1回でもよいので定期的に検査を受けることで問題は早い段階で見つけることが可能です。

病院での検査だけでなく性病検査キットでも調べることが出来るので、自覚症状が見られなくてもパートナーと一緒に定期的に検査してみる事をお勧めします。

STDカテゴリの最新記事