カンジダについて

カンジダについて

カンジダの原因と症状

カンジダは性器カンジダ症とも呼ばれ、カンジダ感染者のうち女性が感染している割合が圧倒的に多い病気ですが、男性でも包茎の人は症状が出る可能性もあります。

性器カンジダ症はカンジダ菌というカビの一種が原因で、性感染症に分類されていることからも分かるように、性行為によっても感染しますが、カンジダ菌は元々人が体内に持っていたりする菌で、体調不良などで免疫力が低下しているとそれがトリガーとなって様々な症状を引き起こすという自己感染もあり得る病気です。

SEX禁止
症状が現れている場合の性行為は症状の悪化と同時にパートナーへの感染もあり得ますから、症状が治まるまでは性行為を控えるようにしましょう。

男性の場合の原因と症状

男性の場合は性器にカンジダ菌が感染しても、症状が発生する事はほとんどありません。

しかし、包茎の場合や糖尿病、ステロイド剤の投与などによってカンジダ菌が活動できる環境になった場合には、亀頭部のかゆみやただれ、赤くはれて白いカスが出る、小さな水泡が出来る、そして極まれにではありますが尿道炎になるなどの症状が現れることがあります。

なかなかご自身で判断が付けにくい場合は、誰にも知られる事なく郵送(プライバシーに配慮した梱包)で調べる事が出来るカンジタの検査キットをおすすめします、。
3,000円程で購入できるので気軽に試す事が出来るのではないでしょうか。

女性の場合の原因と症状

女性の場合には膣と外陰部に同時に症状が現れることがほとんどで、そのような場合には外陰膣カンジダ症と診断されます。

主な症状としては外陰部や膣のかゆみ、ヨーグルト状のおりものの増加、性器の炎症性交時の痛み、排尿しづらいなどの症状が現れます。

体調不良による免疫力の低下や、他の病気で服用しているステロイド剤や抗生物質の影響、妊娠などによって症状が現れる可能性があり、治療にも若干の時間を要する場合があります。

カンジダの治療と、ならないようにする予防方法

原因はカビの一種であるカンジダ菌なので、病院での治療と同時に通気性の良い下着をつける、密閉性の高いガードルやジーンズなどの着用を避けるなどして、カンジダ菌が生息しづらい環境を保つことが大切です。

また、男女問わずカンジダ菌は口腔内に存在すると言われており、特に乳幼児や高齢者など免疫力が低い場合には口腔カンジダ症やカンジダ性口内炎の原因にもなると言われています。

性器カンジダ症の治療は、女性の場合なら膣錠や軟膏などでカンジダ菌を除去するのと同時に何日か続けて病院での膣内洗浄を受けることになります。男性の場合は患部への軟膏塗布で比較的治療が簡単ですが、病院に行く時間がなかなか取れない方や、誰にも知られたくない方などは、
まず匿名で郵送検査できる性病検査キットを使って陰性・陽性の判定をしてみましょう。

カンジダカテゴリの最新記事