ヘルペス

NO IMAGE

ヘルペスは性感染症に分類されるのは性器ヘルペスで、口のまわりにできる口唇ヘルペスとは厳密には違いが設けられており、原因となるものは同じ単純ヘルペスウイルスですが口唇ヘルペスは1型、性器ヘルペスは2型と分類されています。

全ての性行為によって感染するもので、症状が出ていない段階でもウイルスが存在している場合にはパートナーにも感染し、口唇ヘルペスを発症している、もしくはかかったことがある人とのオーラルセックスによっても感染しますので注意が必要です。

口唇ヘルペスのヘルペスウイルスがオーラルセックスによってパートナーの性器に感染し、そのまま性行為を行うことでお互いに性器ヘルペスに感染していく可能性も非常に高いことを覚えておいてください。

母子感染の可能性がある性感染症なので、出産時に性器ヘルペスの症状が出ている場合には通常分娩ではなく帝王切開が推奨されています。

症状としては男性の場合、初感染で症状が出たときには患部がむずがゆくなり、それから10日以内にはかゆみを伴った水ぶくれなどが出てきて、それが破れてただれたような状態になり、そこまで症状が進行すると患部に強い痛みを覚え、発熱を伴って太もものリンパ節の腫れなどが見られるようになってきます。

症状は主に陰茎に見られますが、場合によっては太ももやお尻などにも現れる可能性があります。

女性の場合は男性と同じような症状が外陰部から発生していき、場合によっては子宮頸管や膀胱にまで感染範囲が拡大することがあり、初感染時に症状が出た場合には強い痛みで排尿すらままならないほどの症状を見せることもあります。

男性女性問わず、再発率の非常に高い病気で感染者のうち8割以上が1年以内に再発すると言われており、現在の医学では病変部の治療を行うことは出来てもヘルペスウイルスは神経節に潜伏してしまい、それを完全に除去する方法はなく完治には至らないというのが実情です。

性器ヘルペスは過労やストレス、セックスなど外的刺激要因によってウイルスが再度活性化して症状を再発させる可能性があります。

再発時の症状や初期感染時に症状がすぐには現れなかった場合には比較的軽い症状で収まることが多く、治療にかかる時間も初期感染時よりは格段に短く済みます。

再発を多く繰り返す場合にはヘルペスウイルスの増殖自体を抑制する治療方法も出てきているので、再発頻度が高い場合は医師と相談の上適切な治療方針を決めるようにしてください。

ヘルペスカテゴリの最新記事