2019年8月

STD

不妊症になる可能性があるSTD

STDの中には自覚症状がほとんどないものもあり、それは性別によって症状が出やすかったり出にくかったりと異なってきますが、両者に共通して自覚症状が現れにくいSTDの中には不妊症につながる恐れがあるものもあります。 不妊症に繋がりやすいSTDとしては、性器クラミジア感染症、淋菌感染症、膣トリコモナス症などがあり、特に女性が自覚症状が現れにくい病気が多く、気付かないうちに症状が進行して妊娠しづらい、子宮 […]

C型肝炎に気付いていない!?

C型肝炎ウイルスの感染により引き起こされる肝臓炎をC型肝炎と呼び、国内でのC型肝炎ウイルス感染者は200万人前後いると推測されていますが、その中の30%は保菌者にもかかわらず肝臓の異常に気付いていないと言われています。 性行為で感染する確率は低い 分類上性感染症には位置づけられていますが、性行為による感染は生理中の性行為など出血を伴う性行為の場合に感染する可能性がある程度で、基本的には血液感染がメ […]

B型肝炎は非常に感染力が強い!

B型肝炎ウイルスに感染することで起こる肝炎をB型肝炎といい、感染すると肝臓細胞が破壊されて肝機能の低下に繋がり、ほとんどの場合は急性肝炎として症状が現れて数か月で収まりますが、たまに慢性化して肝硬変や肝臓がんの原因になる恐れもある病気です。 B型感染ウイルスの感染力は非常に強く、HIVよりも感染力が高いとされていてセックスパートナーが多いほど感染しやすい病気です。 感染者数は世界的に見てかなりの数 […]

カンジダについて

カンジダの原因と症状 カンジダは性器カンジダ症とも呼ばれ、カンジダ感染者のうち女性が感染している割合が圧倒的に多い病気ですが、男性でも包茎の人は症状が出る可能性もあります。 性器カンジダ症はカンジダ菌というカビの一種が原因で、性感染症に分類されていることからも分かるように、性行為によっても感染しますが、カンジダ菌は元々人が体内に持っていたりする菌で、体調不良などで免疫力が低下しているとそれがトリガ […]

ヘルペス

ヘルペスは性感染症に分類されるのは性器ヘルペスで、口のまわりにできる口唇ヘルペスとは厳密には違いが設けられており、原因となるものは同じ単純ヘルペスウイルスですが口唇ヘルペスは1型、性器ヘルペスは2型と分類されています。 全ての性行為によって感染するもので、症状が出ていない段階でもウイルスが存在している場合にはパートナーにも感染し、口唇ヘルペスを発症している、もしくはかかったことがある人とのオーラル […]