トリコモナス感染者のほとんどは女性

NO IMAGE

トリコモナスとはほとんどの場合女性がかかる性感染症で、膣トリコモナス症と呼ばれ、その原因は肉眼で確認できないほどのサイズの原虫が原因です。

性感染症に分類されているので性行為でも感染しますが、男性の場合は排尿と同時に体外へ排出される傾向が高いため発症する例はあまりありません。
女性の場合は尿道以外にも子宮頸管や膣にも感染しますから発症例が多く認められる傾向にあります。

性行為以外でも感染するトリコモナス
膣トリコモナス症の発生原因は原虫であるため、通常の性行為以外でも下着やタオル、トイレ、浴槽などから感染する可能性もあるので注意が必要です。

症状としては、男性の場合は尿道からの膿や軽度の排尿時における痛みなどで、男性がトリコモナスに感染している場合は前立腺や精嚢に寄生していることが多い為、尿道炎や前立腺炎を引き起こす可能性がありますが、症状が起こることは極めてまれです。

不妊症・流産・早産の危険性もあるので、「?」と思ったら早めの検査を!
女性の場合の主な症状としては、泡状の悪臭のあるおりものの増加、外陰部や膣における強いかゆみや痛みなどが現れ、感染箇所は膣だけでなく子宮頸管や膀胱、尿道にまで広がる可能性があります。しかし症状がほとんど出ない女性も感染者のうち40%前後いると言われており、そのまま気づかずに放置していると炎症が卵管まで達して不妊症や流産、早産の原因につながると言われていますので、女性は特に注意を払っておく必要があると言えるでしょう。

トリコモナスの各種自覚症状がある場合には病院に行って検査を受け、結果が陽性ならそのまま治療を受けることが望ましいと言えます。治療方法としては、抗原虫薬の投薬治療の他、女性の場合であれば膣錠を使用する場合もあり、投薬期間は大体10日ほどで終わり再検査の結果問題が無ければ完治とみなされますが、女性の場合は念のため次回の月経後にもう一度検査を受けておいた方が安全とされています。

パートナーと2人で検査を受けましょう。
男性の場合も投薬治療のみで終わりますが、男女ともに自覚症状が薄いことが多い性感染症であることから、知らないうちに感染したままということも考えられるのがトリコモナスの特徴です。

そのため病院での検査を受ける前に安全確認の意味で一度、匿名で郵送検査できる性病検査キットを使用して陽性か陰性かの判断をしてみるというのも一つの手段ではないでしょうか。

もちろん片一方だけが確認しても完全に問題ないとは判断できませんので、パートナーと二人いっしょに検査をして、お互いの安全性を確認しあうことが大切です。

トリコモナスカテゴリの最新記事