パートナーが原因で咽頭クラミジアになる事もある?

パートナーが原因で咽頭クラミジアになる事もある?

咽頭クラミジアとは?

日本で最も感染者数の多い性感染症である性器クラミジア感染症ですが、クラミジアはオーラルセックスなどによって性器のみならず咽頭へも感染する病気です。

性器クラミジア症も咽頭クラミジアも同じクラミジアトラコマティスという病原体が原因ですが、咽頭クラミジアの症状が出たからと言って必ずしも性器クラミジア感染症を発症するとは限らず、その逆も同じことが言えます。

これはクラミジアの感染経路が感染部位との粘膜接触によるものだけであるからであって、血液などを介して他の部位に感染することが無いからです。

性器クラミジア感染症に感染している人のうち10%~20%が咽頭クラミジアも併発していると言われており、もし性器クラミジア感染症が判明した場合には同時に咽頭クラミジアの可能性も考慮して検査を受けるべきです。

咽頭クラミジアの症状

症状としては男女ともにのどの腫れや痛み、発熱などを伴う風邪に似た症状を発症することがあり、咽頭炎や慢性の扁桃腺炎になる可能性があります。

ただし、咽頭クラミジアの場合には症状が出ることが少ないため、なかなか感染したことに気づかない場合が多く、オーラルセックスでクラミジアが性器に感染してそのまま性器クラミジア感染症に感染してしまう可能性が非常に高くなるのもクラミジア感染者の増加理由としてあげられます。

咽頭クラミジアの治療方法

感染が確認できた場合の治療方法は、自覚症状の有無にかかわらず病院での投薬治療で対処することになります。
治療に要する期間は1週間程度で、その段階でまず陰性反応が出たら最終的に3~4週間後にもう一度検査を受けて完治しているかを確認して終わりです。

咽頭クラミジアの自覚症状がある場合

自覚症状がある場合や疑わしい症状が出たら、検査に踏み切るタイミングもつかめますが、自覚症状があまり出ないため検査のタイミングもなかなか判断しにくく、どの段階で検査をすると良いかは一概に言えないのも難しいところです。

しかしパートナー同士お互いにほかのパートナーがいないならば、感染経路はお互いの間の性行為に限られますから、一度二人そろって検査を受けてお互いに問題がないことを確認しあうのが良いでしょう。

自覚症状がない段階や、念のための検査を病院で受けることに抵抗を感じるのであれば、クラミジアの陰性陽性が匿名で郵送検査できる性病検査キットが販売されていますから、上手に活用して自分たちの安全を確認してみるとよいでしょう。クラミジア感染確認用の検査キットでは性器クラミジア感染症と同時に咽頭クラミジアの検査も出来るものもあります。(クラミジア(のど)と書かれている商品です。)

クラミジアカテゴリの最新記事