クラミジアは日本で一番感染者の多い感染症です!

クラミジアは日本で一番感染者の多い感染症です!

クラミジアは正式には性器クラミジア感染症という名前で、日本で一番感染者の多い性感染症でもあり、特に10代後半から20代前半の若年層に多く広がっている感染症です。

性行為自体の若年化と適切な性行為の知識がないまま、複数のパートナーと行為に及ぶことから感染者の増大につながったと言われています。

性器クラミジア感染症の原因
近年では10代~20代の若年層に感染者が広まっており、
そこからのHIV感染にも十分気を付けなければいけません。
性器クラミジア感染症の原因となるのは、クラミジアトラコマティスという病原体によるもので、菌を持っている人とのあらゆる性行為によって感染していくもので、母子感染もあり得るうえ、自覚症状が現れにくいというのも性器クラミジア感染症の特徴です。

母子感染に関しては妊婦健診によって予防することが出来ますから、妊娠した場合は必ず妊婦健診を受けるようにしましょう。

また、性器クラミジア感染症の感染者は非感染者よりも、HIVの感染率が3~5倍にもなると言われているため、これがHIV感染者の増加原因の一つにもなっています。

性器クラミジア感染症の症状と現れる部分

男性の場合
症状が現れる部位は、男性の場合尿道がほとんどで精巣上体炎などの症状を引き起こします。

感染時に出てくる自覚症状としては、尿道からの膿や排尿時における軽度の痛み、精巣上体の腫れ、軽い発熱や患部の痛みなどですが、感染してもこれらの症状が出ることが少ないため見過ごしてしまう可能性が高く、放っておくと前立腺炎や血精液症につながる恐れがあります。

女性の場合
女性の場合は子宮頸管に感染して子宮頸管炎を引き起こし、それが進行すると腹腔内まで病原体が侵入して、様々な症状を引き起こすことになります。

主な症状としては<u>おりものの増加や不正出血、下腹部の痛み、性交時の痛みなどがあげられますが、女性の場合は半数以上が自覚症状がないと言われており、感染に気付かないまま放置していると卵管炎の症状に至って不妊症や子宮外妊娠の原因となります。

症状が現れた場合どうすれば良いの!?

症状が出た場合には病院で投薬治療を行うことによって1週間程度の投薬で改善されることがほとんどで、念のため1か月後に再検査を受けて完治を確認することになりますが、とにかく自覚症状が現れにくいうえに感染率も高いのが問題で、念のために検査を受けるという人はほとんどいないのが実情です。

しかし感染者が一番多いというのも間違いない話なので、病院に行く時間がない方や、誰にも知られたくないという方は、病院での検査ではなく、匿名で郵送検査できる性病検査キットなどを利用して自分が感染していないことを確認してみましょう。

パートナーと二人同時に検査を受けることによって、両者とも問題ないと確認できればより一層安心できます。

クラミジアカテゴリの最新記事