梅毒!今は不治の病ではありません…。

梅毒!今は不治の病ではありません…。

ペニシリンが発見されるまで梅毒は不治の病として恐れられてきた性感染症の代表格で、今では治療方法が確立しているため死に至るケースはまずないと言って差し支えない病気です。

梅毒の原因となるのはトレポネーマという病原菌で、皮膚や粘膜の小さな傷から病原菌が体内に侵入して血液を介して全身に広がっていくことで各症状が全身にわたって発生するものです。

感染経路は性行為全般で感染する可能性があり、患部が口内にあるとキスでも感染する可能性が十分にあります。医療行為が確立されていなかった頃は母子感染の危険も非常に高い病気でしたが、現在では治療方法が確立されたこともあり母子感染はほぼなくなった状況です。

梅毒に感染しているとHIVに感染する可能性が高くなります。
性感染症の中でもクラミジアと並んで梅毒に感染している場合はHIVにも感染する可能性が高くなるため、梅毒と診断された場合には合わせてHIV検査を受けるようにしましょう。

症状としては第1期から第4期まで3週間、3か月、3年と間をおいて症状が顕在化してくる病気で、最初の3週間目に起こる第1期症状は感染部位(性器や口、手指など)の皮膚や粘膜に小豆サイズから人差し指の先程度の大きさのしこりが発生し、痛みを伴わない太ももの付け根のリンパ節の腫れが起こります。これらの症状は発症から2~3週間程度で消えるものです。

感染から約3か月後に訪れる第2期の症状はピンク色の円形のあざが顔や手足などに現れ、赤褐色のできものが多く出るようになり、脱毛症状が起こるようになります。この症状も3か月から長くても3年程度で収まりますが、たいていの人はここで異変に気づき病院に行くなどするのでこれ以降の症例は現在ではあまり見られなくなりました。

第2期の異変時に何もせずそのまま放置していると、感染から約3年後に訪れる第3期症状が出てくるようになります。皮下組織に大きめのしこりが見られるようになり、このしこりを結節性梅毒疹もしくはゴム腫と呼びます。そのまま放っておくと第4期に病状は進行し、心臓や血管、神経、目などに重篤な障害を引き起こして死亡に至るケースが出てきます。

自覚症状が分かりづらいので、「?」と思ったら早めに検査を!
ペニシリンの発見によって完治が出来るようになった梅毒ですが、どの程度症状が進行していたかによって治療にかかる期間も変わってきます。病状が進行しているほど治療に要する期間は長く、症状が顕在化していないままいつ感染したかわからない場合などは8~12週間ほどペニシリンを投薬治療してその間定期的に検査して完治したかどうかを確認していく事になります。

ほとんどの場合自覚症状が出るため症状が現れたら病院へ行く事をお勧めしますが、自覚症状が無く念の為に検査を受けたいという方や、誰にも知られたくないという方には、匿名で郵送検査できる性病検査キットを使ってまずは陰性・陽性を調べることを強くお勧めします。

梅毒カテゴリの最新記事