HIVとはエイズウイルスのことです

HIVとはエイズウイルスのことです

HIVとはエイズウイルスのことを指し、正式にはヒト免疫不全ウイルスという名称であってHIV感染者すべてがエイズを発症するものではありません。
HIVに感染したまま何も治療を受けないでいると、通常の健康な人であれば問題にならないウイルスや菌によって病気にかかるようになり、この状態まで来ると初めてエイズと診断されるようになります。

HIVの感染経路はすべての性行為とHIV保菌者の血液が粘膜に触れることによって感染しますが、日常生活における感染経路はほとんど存在せず、一度体外にでたHIVは感染力を著しく失うため通常の日常生活ではまず影響を受けることはありません。
HIV保菌者の唾液や汗などの体液にも微量にHIVは含まれますが、感染前に死滅してしまう程度のわずかな量しか含まれていませんので必要以上に恐れることはありません。HIV濃度が高い体液は血液、精液、膣分泌液、母乳となっています。

1位:性行為 2位:血液感染 3位:母子感染
日本国内におけるHIV感染経路は主に3つで、一番多いのが性行為、それに次いで血液による感染、そして母子感染となっています。

性行為に関してはセーフティセックスを心がけることで感染予防は可能ですし、血液感染は麻薬などを使用する際に注射器を使いまわす行為によって感染するものですが、根本的に法律違反なので日常生活では度外視できますし、医療機関での感染も輸血用血液の検査は確実に行われ、けがなどの処置に使われた器具は患者ごとに殺菌消毒を施されるものであり、注射針の二次使用は医療法で認められていませんから安心して構いません。

最後の母子感染に関しても、妊婦健診で母体のHIV感染が判明しても適切な処置を施すことによって胎児への感染を防ぐことが出来るようになりました。

現在では妊婦健診の際にHIV検査をして陽性反応が出た場合、そのまま出産すると胎児への感染率は30%ほどであるのに対して適切な対策を取って出産すると感染率は1%以下にまで抑えられるようになっています。具体的な対策としては、投薬、帝王切開、人工授乳の3段階を踏んで無事に出産することが出来るようになっています。

セーフティーセックス
どのような状況下であれ、HIV感染リスクを避ける方法はしっかりありますので、まずはコンドーム着用のセーフティセックスを心がける事、不特定多数のパートナーとの性行為はなるべく避ける事、この二つを心がけていればHIV感染のリスクはかなり低減します。

HIV感染初期症状としては、2~4週間程度に渡るインフルエンザのような症状がでて、その後数年間は何も起こらないまま経過しますから、もし心配なのであれば匿名で出来る郵送検査キットを使用するなどしてHIV検査を行うことをお勧めします。

エイズカテゴリの最新記事