保険証がいらない自宅で出来る性病の郵送検診

保険証がいらない自宅で出来る性病の郵送検診

性病の検査キットは疑わしい症例に合わせてその病気に感染しているかを検査するためのセットであり、問診票に答えて記入するシートと各種検査に必要な体液の検体を取るためのツールが同梱されて販売されています。

これらのキットは検査対象とする病気によって検査キットの価格が変わってきますが、保険証は必要なく販売価格とされている値段のまま購入することが出来ます。

保険適用外と言い換えることも出来ますが、単価はそれほど高いものではなく数千円単位で検査を受けるためのキット一式を購入することが出来ますし、検査キットの指示通りに検体を摂取していればほぼ間違いなく正しい検査結果を得ることが出来るようになっていますので、対面での診察に抵抗があるなら有効活用できるでしょう。

PC・スマホ・電話から、24時間誰にも知られずに購入出来る
検査キットはWeb上で購入することが出来ますし、自宅では家族の目があって受け取りにくいなどの理由も考慮して局留めやコンビニ受け取りなどの方法も用意されていますから、検査キットを購入したことは第三者に漏れることはなく、安心して購入できるようになっています。

検査キットを購入して手元に届いたら、まずは同梱品を一式確認して欠品がないかをチェックしておき、同梱物に破損や欠品などの問題が無ければ説明書に従って必要な検体を採取したり問診票に記入していく事になります。

必要な検体の採取と問診票の記入が終わったら、それらを漏れのないよう梱包して所定の場所へ郵送したら後は検査結果が出るのを待つだけです。

性病の検査キットで受けた検査結果はほとんどの場合自宅などに通知されることはなく、検査キットのに割り当てられたナンバーによってWeb上で検査結果を知ることが出来るようになっています。

検査は国の認可を受けた機関で行っています。
問診票に記入した内容と検体の検査は国から認可を受けた検査機関によって調べられるので、検体の採取が正しく行われていれば検査結果の信頼性は非常に高いものになります。

検査キットの種類によって採取する検体の種類や数も異なりますし、中には血液を検体として提出する必要もありますが、この場合は病院のように採血によるものではなく、指先から少しだけ血が出る程度のもので良いので医療知識がなくても問題はありません。

大切なのは、検査キットの説明書に指定された通りの検体採取を行うことであって、もし検体の採取方法が指定通りでなければ正しい結果が出ない可能性が高くなることに注意が必要です。

また、自覚症状や疑わしい病気に対して検査キットを使用するため、検査キットの種類によって調べられる病気が限定されることも覚えておきましょう。

性感染症カテゴリの最新記事