エイズって普通に生活していてうつるの?

エイズって普通に生活していてうつるの?

エイズ(AIDS)とは後天性免疫不全症候群のことで、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に感染することによって免疫力が正常に機能しなくなり、普通の人であれば病気の原因にはなり得ない細菌やウイルスでも病気になってしまう症状のことを指します。

つまりエイズというのはHIVが原因になって引き起こされる各種症状のことを指すのであって、HIVに感染しない限りは発症することはあり得ません。

それでは日常生活においてHIVに感染する可能性はどのようなものがあるでしょうか。そのためにはまずHIV感染経路を正しく把握しておく必要があります。

HIV感染の誤解を解く
HIVに感染する経路は、HIVを含む血液や精液、膣分泌液、母乳という限られた体液が粘膜に接触して感染するもので、汗や涙、唾液、尿などの体液に接触したとしても感染しませんし、仮に特定の体液だとしても皮膚に付着しただけでは感染しません。

感染経路が特定の体液に多く含まれているため、日常生活における感染経路はHIV保菌者の血液を傷口などに直接受けるといったような非常に限られた経路でしか起こりえないということになり、食事を共にするであるとか同じタオルを使用する(傷の手当を除く)などの行為では感染することはないと言えます。

考えられる可能性としては、出血を伴う傷を負っているHIV保菌者と非保菌者が同じ浴槽を使用するであるとか、HIV保菌者が歯磨きで出血した歯ブラシを非保菌者が使用するなどと言った状況ですが、出血を伴うような怪我をしている人が入浴する状況というのは考えにくいですし、少量の出血であればお湯によって薄まり感染するだけの力を保持出来る事はなく、歯ブラシは普通個人ごとに専用のものが用意されている場合がほとんどです。

日常生活ではほぼ感染しない
あくまでHIV保菌者の特定体液が粘膜に接触することによってのみ感染するのであって、性行為を除く日常生活に限って言えば感染経路はほぼあり得ないと言って差し支えないでしょう。

HIV保菌者の傷口を舐めるなどすれば感染しますが、あまりそのような行為をする人もいないでしょうし、HIV保菌者の血液が接触する機会は皆無と言えるはずです。

カミソリなど出血する恐れのある物を使いまわさなければ傷口からの血液感染も起こり得ませんし、医療機関でも患者ごとに使用された器具は滅菌処理されるか、二次使用はしないなどの管理体制を敷いているので医療機関での感染例もほぼないと言えます。

以上の理由から、性行為以外の日常生活に置けるHIV感染はほぼないと断言して差支えないといえますが、どうしても不安であったり、また、心当たりがあるけれども誰にも知られたくないという方は、匿名で郵送検査できる性病検査キットで一度、陰性・陽性の判定をして頂く事を強くお勧めいたします。

エイズカテゴリの最新記事