性感染症。放置しておく事の怖さを知っていますか?

性感染症。放置しておく事の怖さを知っていますか?

性感染症(性病)は、症状が出にくい物もあり、感染しても気付いていないという場合が多いのです。
そうしている間にも病は少しずつ確実に進行し、気付いた時には「かなり危険な状態」なんて事も…。

おりものの増加、色やにおいの変化、ドロッとしている気がする。
デリケートな部分のかゆみ、皮膚に異常。
おしっこをする時に痛みが走る。
などなど・・・。

この様な症状をはじめ、普段とは違った体の違和感を感じ、尚且つここ最近に心当たりのある行為をした方は、大至急性感染症の検査をしたほうが良いでしょう。

知らない内に症状が進んで、日和見感染症などにならない内に。。。

→症状から、何の性感染症の疑いがあるかをチェックしてみる。

時間が無い!誰にも知られたくない!
お仕事が忙しい方や、誰にも知られたくない(パートナーに既にうつしている可能性も…。)など、なかなか病院での検査に踏み切れない方もいらっしゃると思います。

しかし最近では、郵送で検査キットをやり取りし、検査結果もPCやスマホで知る事が出来るシステムがある事はご存知でしょうか?

郵送の性病検査キットの3大メリット

誰にも知られる事なく、24時間いつでも購入出来る!

当サイトでご紹介しているSTD研究所のSTDチェッカーは、PCサイトはもちろんの事、スマホでの購入も簡単に出来ますので、誰にも知られる事なく注文を完結出来ます。。
(スマホはドコモとauの公式メニューから、携帯では3キャリア共に公式メニューからアクセスできます。)

プライバシーに配慮した商品の配送。
更に透けない黒いビニールで商品を包み、送り状ラベルには「日用品」と記載し、送り主はSTD(性感染症)研究所ではなく「㈱アルバコーポレーション」と記載されてきます。
更に郵便局留めも利用出来ますので、自宅に直接届けてほしくない人も安心して利用出来ます。メール便なら送料無料になったりもします。

検査結果をPCもしくはスマホ・携帯から見る事ができる。
送られてきた検査キットを使い自分で行った検査の結果は、検査物を返送→到着後3日~5日ほどで知る事が出来ます。

その際には、検査申込書に書かれてあるIDとパスワードを使って検査キットを購入したサイト内にある検査結果へログインします。必要であれば検査結果をプリントアウト出来ます。

逆に完全匿名検査ですから、電話やメールで検査結果を問い合わせる事は出来ません。

当サイトがご紹介しているSTDチェッカーは、検査機器に関して全て使い捨てであり、再利用は一切しておりませんのでご安心下さい。

この自宅で出来る郵送検査は妊娠検査薬とは違い、ご自身でその場で結果を知る事は出来ません。
検査は国の認可で病院や保健所の検査を行う「登録衛生検査所」で実施しています。

→STDチェッカー公式サイトはこちらから

【重要】あなたの今現在の症状から、どの感染症の疑いがあるかをチェック

男性に見られる症状一覧

男性に多く見られる症状は、男性器のかゆみ・痛み・不快感、さらに排尿時の痛みや膿(うみ)などになりますが、下記に症状とそれに伴う性感染症を分かりやすく一覧にしてあります。(左が症状で、右が感染症名)

少しでも症状に当てはまる方や、2、3週間以内に心当たりのある行為をされた方の為に、
感染症名から「匿名で出来る郵送検査キット」の商品ページへ移動して購入出来る様にしてあります。

こちらの一覧を参考にして、あなたの心の不安が1日でも早く解消される事を願ってやみません。

亀頭のかゆみ・ただれ
性器カンジタ症(※ふじメディカル社製)

排尿時の軽い痛みや、尿道からの膿(うみ)
性器クラミジア感染症

排尿時の激しい痛みや、尿道からの膿(うみ)
淋病感染症

尿道のかゆみ不快感
性器クラミジア感染症

睾丸部分の腫れ・痛み
性器クラミジア感染症もしくは、淋病感染症

※1つの検査キットで一度に検査できます。

※男性用のカンジタだけを調べるキットがSTDチェッカーには無いので、ふじメディカル社製のキットをご紹介しております。
ふじメディカルは横浜市登録の衛生検査所になります。

性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍(炎症を起こして穴があいている)
太もも付け根のリンパ節の腫れ
梅毒または、性器ヘルペス

性器周辺や肛門周辺に、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍
性器ヘルペス

※ヘルペスを調べるキットは現在製造されておりません。

全身の皮膚に関する症状

性器・肛門・手指・口唇などのいたみのないしこりや腫れもの
梅毒

唇や口の中、のどにできものができた
梅毒・性器ヘルペス

全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色のもりあがったブツブツがある
梅毒

※ヘルペスを調べるキットは現在製造されておりません。

梅毒に感染していると、HIVに感染する確率が高くなります。
梅毒はHIV感染のリスクを高める事が指摘されており、梅毒の新規感染者の60%以上が、HIVを合併しているというデータもあるほどです。
梅毒ではないか?という症状が見られたら、念のためにHIVの検査もしておく事がベストです。
→1つでHIVと梅毒を一緒に検査できるキットはこちら

のどの腫れや痛み、発熱
性器クラミジア感染症もしくは、淋病感染症

※1つの検査キットで一度に検査できます。

感染の機会があった時から2~4週間後に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったインフルエンザのような症状
HIV感染症/エイズ

1ヵ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
HIV感染症/エイズ

発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、濃い色の尿が出る
B型肝炎・C型肝炎

※1つの検査キットで一度に検査できます。

黄疸の症状(身体や白目が黄色っぽくなる)
B型肝炎・C型肝炎

※1つの検査キットで一度に検査できます。

一度、徹底的に調べてみたいという方向けの、10項目検査キットもあります。
検査項目・・・クラミジア、淋菌、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)→男性用10項目検査キットはこちら

検査後の、異常無しと分かった時のあの安心感。。。
匿名の検査をいち早く受けて、あなたも早くその安心感に包まれて下さい(陽性だった場合は、直ちに最寄りの医療機関へ。)

女性に見られる症状一覧

女性に多く見られる症状は、男性器のかゆみ・痛み・不快感、さらにおりものの異常などになりますが、下記に症状とそれに伴う性感染症を分かりやすく一覧にしてあります。(左が症状で、右が感染症名)

少しでも症状に当てはまる方や、2、3週間以内に心当たりのある行為をされた方の為に、
感染症名から「匿名で出来る郵送検査キット」の商品ページへ移動して購入出来る様にしてあります。

こちらの一覧を参考にして、あなたの心の不安が1日でも早く解消される事を願ってやみません。

おりものの異常
おりものの増加、下腹部の痛み
性器クラミジア感染症・淋病感染症

※1つの検査キットで一度に検査できます。

あわ状の悪臭の強いおりもの
膣トリコモナス感染症

ヨーグルト状のおりもの
性器カンジタ症

性器周辺の痛みやかゆみ
ヨーグルト状のおりもの
性器カンジタ症

おりものの増加、下腹部の痛み
性器クラミジア感染症・淋病感染症

※1つの検査キットで一度に検査できます。

あわ状の悪臭の強いおりもの
膣トリコモナス感染症

性器周辺の腫れ・できもの・潰瘍(炎症を起こして穴があいている)
太もも付け根のリンパ節の腫れ
梅毒または、性器ヘルペス

性器周辺や肛門周辺に、痛みをともなう水泡もしくはそれがつぶれた潰瘍<
性器ヘルペス

※ヘルペスを調べるキットは現在製造されておりません。

全身の皮膚に関する症状
性器・肛門・手指・口唇などのいたみのないしこりや腫れもの
梅毒

唇や口の中、のどにできものができた
梅毒・性器ヘルペス

全身に、ピンク色の円形のあざ、もしくは赤茶色のもりあがったブツブツがある。
梅毒

※ヘルペスを調べるキットは現在製造されておりません。

梅毒に感染していると、HIVに感染する確率が高くなります。
梅毒はHIV感染のリスクを高める事が指摘されており、梅毒の新規感染者の60%以上が、HIVを合併しているというデータもあるほどです。
梅毒ではないか?という症状が見られたら、念のためにHIVの検査もしておく事がベストです。
→1つでHIVと梅毒を一緒に検査できるキットはこちら

全身の症状
のどの腫れや痛み、発熱
性器クラミジア感染症もしくは、淋病感染症

※1つの検査キットで一度に検査できます。

感染の機会があった時から2~4週間後に、発熱、咽頭炎、倦怠感、筋肉痛といったインフルエンザのような症状
HIV感染症/エイズ

1ヵ月以上続く発熱、しつこい下痢や寝汗、リンパ節の腫れ、体重減少
HIV感染症/エイズ

発熱、全身倦怠感、食欲不振、吐気、濃い色の尿が出る
B型肝炎・C型肝炎
※1つの検査キットで一度に検査できます。

黄疸の症状(身体や白目が黄色っぽくなる)
B型肝炎・C型肝炎

※1つの検査キットで一度に検査できます。

一度、徹底的に調べてみたいという方向けの、12項目検査キットもあります。
検査項目・・・クラミジア、淋菌、トリコモナス、カンジダ、一般細菌、ヒトパピローマウイルス(悪性型)、HIV(エイズ)、梅毒、B型肝炎、C型肝炎、クラミジア(のど)、淋菌(のど)
→女性用12項目検査キットはこちら

検査後の、異常無しと分かった時のあの安心感。。。
匿名の検査をいち早く受けて、あなたも早くその安心感に包まれて下さい(陽性だった場合は、直ちに最寄りの医療機関へ。)

性感染症カテゴリの最新記事