尿が濁るような分泌物や黄色の膿が出る

尿が濁るような分泌物や黄色の膿が出る

尿が濁るほどの大量の分泌物や膿が出るような症状が出た場合は、淋菌感染症を疑うことになります。

淋菌感染症は男性が感染した場合、量の多い膿などの症状の他発熱や激しい痛み、排尿時の強い痛みなどの自覚症状が多く出ることがほとんどなので、男性のほうが感染したことに気づきやすい病気です。強い痛みを伴うため病院で検査を受けることが多いですが、淋菌感染症を郵送で検査も出来ますので、病院に行くきっかけが掴めない人や、忙しくてなかなか病院に行く機会が作れない場合、誰にも知られたくない場合には、郵送やメールで結果が分かる自宅検査キットで陰陽判定を先に済ませておくとスムーズに治療に取りかかれますし、パートナーへの感染の可能性も早めに伝えられますから上手に活用してください。

淋菌感染症の自覚症状が出ているにもかかわらず放置していると、前立腺炎や血精液症になる恐れがあります。精巣上体炎になることもあり、治療が遅いと淋菌感染症が治っても無精子症になる可能性があるので、自覚症状が出ている場合は早めに治療を受けるようにしましょう。

淋菌感染症に感染した男性の多くが自覚症状が出ることに対して女性はその半数近くが自覚症状が出ないと言われています。感染が確認された場合にはパートナーにもその事実を伝え、淋菌感染症の検査を受けてもらうように薦めましょう。男女どちらかが原因となる淋菌を保持したままだと、治療しても再感染しますので注意してください。

淋菌感染症はオーラルセックスによって咽頭に淋菌が感染することもあります。性器に淋菌感染症が認められた感染者のうち3割は咽頭にも感染しているという結果がでていますので、淋菌感染症が確認された場合には咽頭淋菌の検査も同時に受けておきましょう。セックスの際にコンドームを使用していてもオーラルセックスのときに使用していなければ、咽頭淋菌のみ感染しているということもあり得ます。

淋菌感染症や咽頭淋菌の治療としては、症状に合わせて筋肉注射や静脈注射による抗生剤の投与がメインになります。注射の回数は症状に合わせて変わってきますが、長くても1週間程度で終わります。淋菌には耐性菌が増えてきているので、治療を受けた場合には医師の指示通りに最後まで治療と投薬を受けることが大切です。中途半端にしてしまうと耐性菌となってさらに治療に時間がかかることになりますので注意してください。パートナー同士が完治を確認できない状態で性行為に及ぶと再感染の恐れもありますので、お互いが完治するまで性行為は控えるようにしましょう。

淋病カテゴリの最新記事