全身の皮膚や粘膜にブツブツや発疹

全身の皮膚や粘膜にブツブツや発疹

体全体の皮膚や粘膜にブツブツや発疹が出る可能性がある性感染症としては、梅毒の第2期症状があげられます。ブツブツや発疹が出る前に軽い発熱や頭痛、体がだるい、関節痛などの症状が出ていればほぼ間違いありません。また、発疹は左右対称にでるのも梅毒における発疹の出方の特徴なので、全身にブツブツや発疹が出たときにはそのようなところにも注目して観察してみてください。

梅毒の第1期症状は性器や口、肛門、手指などの感染部位に小豆程度から人差し指の先程度の大きさの痛みのないしこりが出来て、太ももの付け根のリンパ節が腫れるといったような症状が出ます。痛みが少ないことと症状自体が2~3週間程度で自然に消えるためこの段階で気づかないまま放置している可能性があります。症状がいったん収まっても治ったわけではなく、3か月程後に第2期症状が現れるようになります。この第2期症状が全身の皮膚や粘膜にブツブツや発疹が見られるという症状で、この段階になるとさすがに異常を察知することになる方がほとんどです。その他にもリンパ節の腫れや脱毛症状などが見られることがあります。

第2期の症状は3か月から長い場合には3年ほど続くので、定期健診などどこかのタイミングで検査を受ける機会があるはずです。第1期と第2期症状は皮膚表面に梅毒の原因となるトレポネーマが多く出ているため、感染する可能性は非常に高くなりますので注意が必要です。もし全身にブツブツや発疹が出来ていて、発疹が左右対称の部位に見られるようであれば速やかに病院での検査を受けるとともに、梅毒の陽性反応が出たときにはさかのぼって3か月以内に性行為のあった相手にも梅毒の感染の恐れがあることを伝えるようにしましょう。

症状だけで判断がつかない場合や、病院での検査を受ける時間がなかなか取れない場合、誰にも知られたくない場合には、梅毒の検査キットも用意されています。全身のブツブツや発疹は梅毒だけでなくアレルギーなどでも出る可能性があるので病院での検査に抵抗がある場合には検査キットを活用して陰陽判定を行うとよいでしょう。

梅毒は期を重ねる節目節目で症状が消えるため、何もせずに放っておくと段階を追って第3期、第4期へと至り目や心臓、神経に重篤な障害を引き起こします。
梅毒はペニシリンが発見されるまでは不治の病として恐れられていましたが、現在では早期発見早期治療によって治る病気なので心配することはありません。大切なのは早期治療を心がける事なので、それぞれに該当するような自覚症状が見られた場合には早めに検査しておきましょう。

梅毒カテゴリの最新記事